医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2019/05/30
厚労省報告に見る「地域保健施策の現状」

 厚生労働省より「平成29年度地域保健・健康増進事業報告の概況」が公表されました。

 ポイントを以下列挙します。

  1. 妊娠届出の状況
    平成29年度に妊娠の届出をした者は986,003人。妊娠週(月)数別では「満11週以内(第3月以内)」に届出をした者が916,723人(構成割合93.0%)で最も多い。

  2. 乳幼児の健康診査の実施状況
    市区町村が実施した乳児の一般健康診査の受診実人員は、「3〜5か月児」が949,973人(受診率95.5%)で最も多い。
    幼児の一般健康診査の受診実人員は、「1歳6か月児」978,831人(同96.2%)、「3歳児」984,233人(同95.2%)。

  3. 妊産婦・乳幼児の保健指導・訪問指導の実施状況
    妊産婦・乳幼児の保健指導の被指導実人員は、「妊婦」846,905人、「産婦」261,389人、「乳児」713,283人、「幼児」854,627人。
    訪問指導の被指導実人員は、「産婦」732,888人が最も多く、次いで「乳児」582,301人。

  4. 健康増進
    平成29年度に保健所及び市区町村が実施した健康増進関係事業の被指導延人員は7,492,515人。
    うち「栄養指導」が4,874,750人と最も多く、次いで「運動指導」が1,659,883人。
    「栄養指導」では「乳幼児」が2,972,079人と多く、「運動指導」では「20歳以上」が1,589,703人と多くなっている。

  5. 歯科保健
    平成29年度に保健所及び市区町村が実施した歯科健診・保健指導等の被指導等延人員は、「歯科健診・保健指導」4,969,047人、「予防処置」2,077,986人、「治療」13,285人。

  6. 精神保健福祉
    平成29年度の保健所及び市区町村における精神保健福祉の相談等延人員は、「相談」892,688人、「デイ・ケア」82,712人、「訪問指導」348,615人、「電話相談」1,518,028人、「メール相談」18,372人。
    「相談」の内容は、「その他」を除くと「社会復帰」が248,823人と最も多い。

  7. 予防接種
    平成29年度に市区町村が実施した定期の予防接種の接種者数は、「インフルエンザ」が16,978,015人。

  8. 常勤職員の配置状況
    平成29年度末現在の保健所及び市区町村の地域保健事業に関わる常勤職員の配置状況をみると、「保健師」が25,993人が最も多く、次いで「管理栄養士」が3,440人、「薬剤師」が3,077人、「獣医師」が2,488人。

  9. 常勤保健師の配置状況
    平成29年度末現在の保健所及び市区町村における常勤保健師の配置状況を人口10万人あたりでみると、全国では20.4人。
    都道府県別では島根県が42.4人と最も多く、次いで高知県39.3人、和歌山県34.3人。

  10. 健康診査
    市区町村が実施した健康診査の受診者数は121,827人で、男57,484人、女 64,343人。
    検査結果の状況は、「糖尿病個別健康教育対象者」39,257人、「高血圧症個別健康教育対象者」35,402人。

  11. 歯周疾患検診・骨粗鬆症検診
    市区町村が実施した歯周疾患検診の受診者数は338,725人(検診実施率68.0%)、骨粗鬆症検診の受診者数は326,344人(同62.5%)。
    うち、「要精検者」は歯周疾患検診では69.5%、骨粗鬆症検診16.6%。

  12. がん検診の受診者数及び受診率
    市区町村が実施したがん検診の受診率は、「胃がん」8.4%、「肺がん」7.4%、「大腸がん」8.4%、「子宮頸がん」16.3%、「乳がん」17.4%。
    がん検診受診率が「0〜10%未満」と低い市区町村数は、「肺がん」が782(全国市区町村数に占める割合45.0%)と最も多く、次いで「大腸がん」が758(同43.6%)となっている。

  13. 平成28年度がん検診受診者における要精密検査の受診状況
    平成28年度に市区町村が実施したがん検診における要精密検査者のうちがんであった者数の、がん検診受診者数に対する割合は、「胃がん」0.10%、「肺がん」0.03%、「大腸がん」0.17%、「子宮頸がん」0.04%、「乳がん」0.28%。

  14. 肝炎ウイルス検診
    市区町村が実施した肝炎ウイルス検診の受診者数は、「B型肝炎ウイルス検診」731,209人、「C型肝炎ウイルス検診」727,118人。
    うち、「陽性」と判定された者は、B型肝炎ウイルス検診において4,641人。C型肝炎ウイルス検診において「現在、C型肝炎ウイルスに感染している可能性が高い」と判定された者は2,203人。

 詳細データは、以下のサイトでご確認ください。


厚生労働省「平成29年度地域保健・健康増進事業報告の概況


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階
TEL:082-962-8411
FAX:082-962-8412