【1】保健所
 新規に診療所を開設する際には、医療法第8条に基づく診療所開設届を、開設しようとする診療所の所在地を所管する保健所に提出します。

(1) 事前相談
 事前に診療所の構造設備や添付書類、開設の日程などについて所轄保健所の担当者と面談し、あらかじめ相談します。

(2) 開設届
開設日後10日以内に提出します。

(3) 実地検査
 検査日は開設届提出時に決定します。
 検査の際には開設者又は管理者の立会いが必要です。

 また、開設届のほかに保健所に届け出る許可手続きとして、代表的な例としては以下のようなものがあります。

@診療所使用許可申請(有床の場合)
A診療用エックス線装置備付届
B麻薬施用者免許申請、麻薬管理者免許申請
C各種医療機関指定申請(結核、被爆など)
D診療所開設許可申請書(開設者が法人の場合)

 

【2】厚生局
 開設する診療所において保険診療を行うためには、保険医療機関指定申請書を、診療所の所在する地域を管轄する地方厚生局都道府県事務所に提出し、指定医療機関コードを発行されます。
 また、基本診療料の施設基準等に係る届出書・特掲診療料の施設基準に係る届出書の提出があります。

お問合せ
棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階
TEL:082-962-8411
FAX:082-962-8412