コラム
コラム
作成日:2019/09/12
【相続税】ZOZO前澤社長の相続税



今、話題の「ZOZO前澤社長の辞任」。
宇宙旅行はキャンセルされるのかな?とか
剛力は今フリーなのかな?
とか余計なことを考えてます。

でも、税理士事務所としてさらに余計なことを・・・。
「今、前澤社長が宇宙旅行でお亡くなりになったら、
相続税はいくらかかるのか?」
お節介な私は、彼に依頼されてもいないのに、
相続税シミュレーションを決行!

一番簡易的な相続税シミュレーションに必要なデータは
@総資産
A相続人の数

まずは@の資産の金額の把握だ。
ForbesJAPANの4月の記事によると、前澤社長の総資産は約2100億円。あれっ、前に3000億円と聞いていたけど?と思ったら、ここ一年で株価下落で800億円喪失していたらしい。剛力が使ったわけじゃなさそうだ(^^;)

次にAの相続人の数だけど、前澤社長は独身。いい加減な情報によると、事実婚のお嫁さんが2人いるらしいが、それは相続税法では関係ない。子供は腹違いの三人。腹違いだろうが、これも相続税法は関係ない。結論として、相続人は3人。
実はこれだけのデータがあれば、相続税は計算できます。
金額は何と1152億円。
凄すぎる(><)!!
ちなみに、この計算は税理士事務所のウェブの以下のアドレスにクリックしてもらったところで、いつでも計算できます。
https://www.tanada-zei.com/inherit_simulation.htm

写真はそのウェブでの計算だけど、相続税が1130億円のように表示されている。実はこのシステムは簡易的なもので1000億円以上の財産の金額は入らないみたい。それで2100億円ではなく210億円の計算になっていて、相続税は113億円という表示らしい。
これはシステムの欠陥だ!!
まあ、1000億円以上の資産を持った大富豪が、私のウェブでシミュレーションをするとは思えないけどね(^^;)

お問合せ
棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階
TEL:082-962-8411
FAX:082-962-8412