コラム
コラム
作成日:2019/07/17
【相続税】遺留分減殺請求



「何年か前に関わった相続税申告の案件、後で遺留分減殺請求が出てきたけどあれはどうなったんだろう?」
と最近気になっていた案件ですが、今日依頼者(遺言で全部財産をもらうはずだった人)が来られて、結局法定相続分の1/2がそのまま通ってしまったようだ。
寄与分とかあまり認められなかったようだ。
そういう場合、弁護士さんにやはり高額の報酬が発生するのだろうか?
遺留分をもらう方と渡す方で双方弁護士が出てくると、弁護士報酬だけでかなり支払原資の相続財産が目減りするように思うけど、やはりもめると弁護士を使わないといけなくなるんかねえ?...
となると、遺言も考えようによっては、被相続人の生前に遺留分の放棄をさせないと効果は半減だなあ・・・。

お問合せ
棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階
TEL:082-962-8411
FAX:082-962-8412