コラム
コラム
作成日:2019/07/26
利益を上げることができる体質への改革



ニッサンが大変なことになってます。
ゴーン一人をリストラしても、間に合わない(><)!!
い販売奨励金により販売台数を維持していた
→販売奨励金が負担
→販売奨励金をカット...
→ディーラーの販売意欲の低下・値引き競争の終焉
→販売台数の激減
→営業利益昨対比90%減
→一万人の大リストラ

経営者という者は、いさゆる「賢い人」がなるべき者ではないか?
販売奨励金に頼った展開であれば、
販売奨励金を削減すると、
「エンジンを失った飛行機」で
墜落することは容易に予想できるだろう。
かろうが、依存していたら払わざるを得ない。
削減するなら削減するで、
どうやって高い販売台数を維持するのか?
の戦略再構築が不可欠だろうけど、
何をしていたのかな?

「利益を上げることができる体質への改革」は、
販売奨励金を削減する前に考えて実行すべきことのはずだ。
今さらだ。

記事

お問合せ
棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階
TEL:082-962-8411
FAX:082-962-8412